龍神村について

龍神村は和歌山県のほぼ中心にあり、四季折々の美しい姿を持つ自然豊かなエリアです。また三美人の湯で知られる龍神温泉はもちろんですが、地元で採れる山菜や川魚を使っての料理、ジビエ料理など多彩な絶品料理がたくさんあります。そして、田舎ならではの地域住民の繋がりや温かさを感じられる、アットホームな村です。四季の山岳風景を眺めながらゆっくりとした時間の流れを龍神で感じてみませんか。

龍神で癒される/温泉源泉

龍神温泉 元湯

泉質:ナトリウム炭酸水素塩泉
その昔弘法大師により開湯(命名)されたと言われ、島根県・群馬県と並び日本三美人の湯のひとつとしても数えられています。
詳しくはこちら>

小又川温泉

泉質:アルカリ性低張性冷鉱泉
龍神温泉と泉質も良く似ており、無色透明でトロっとした肌触りが特徴。
詳しくはこちら>

丹生 ヤマセミ温泉

泉質:アルカリ性単純温泉
お肌がすべすべになる美人の湯でツルツルとした浴感が特徴。
詳しくはこちら>

釜ノ崎温泉 がまの湯

泉質:アルカリ性低張性冷鉱泉
がまの湯でのみ入ることのできる釜ノ崎温泉はツルツルとした柔らかい温泉が特徴。
詳しくはこちら>

龍神を楽しむ/観光

曼荼羅美術館
曼荼羅(仏たちが描かれた絵)が百数十点展示されており、曼荼羅好きにはたまらない美術館です。
天誅倉
文久3年8月尊皇倒幕に燃える勤王の志士たちが天誅に敗れ幽閉された歴史的な建物です。
曼陀羅の滝
中里介山の小説「大菩薩峠」の机龍之介が失明寸前に、この滝で洗顔治療し、全治したことで有名になった温泉時の奥山にある滝です。歩いて行けます。
温泉寺
弘仁年間、弘法大師が難陀龍王の夢のお告げで温泉を開き、薬師如来を安置した寺。現在の寺は近年再建されたものです。
野ノ垣内の吊橋
龍神には古くから多くの吊橋がありますが、日本で恐怖の吊り橋5選に選ばれるうちの一つ。吊橋からは日高川の美しい風景が楽しめます。
晴明社
龍神村には昔から陰陽師、安倍晴明の伝説が多く残されており、晴明神社が祀られています。
その他の観光情報は「龍神観光協会公式サイト」へ

龍神の思い出/特産品

龍神には、美しい水と空気、そして美林が育んださまざまの特産品があります。

ゆず加工品

伝統の珍味「柚べし」、ゆずポン酢、ゆず酒等

しいたけバーガー

龍神村オリジナルのシイタケフライをバンズで挟んだ巨大バーガー

サトイモ焼酎

無農薬のサトイモを使用した焼酎で、口に含むとふわっと甘みが広がります。

木工品・木工アート

林業の盛んな「龍神村」ならではの木工品です。家具や木―ホルダー等の小物まで。

◎特産品が買えるお店
ウッディプラザ木族館
詳しくはこちら>
福亀堂 龍の里
詳しくはこちら>
G.WORKS(ジー・ワークス)
詳しくはこちら>
ごまさんスカイタワー
詳しくはこちら>
トップへ